1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武邦彦

競馬:武邦が太鼓判! ブエナ届く! 中山でも!/有馬記念

 “名人”はブエナビスタを指名した。09年を締めくくるグランプリ「第54回有馬記念」。本紙「名人解説」でおなじみの武邦彦JRA元調教師は、ファン投票2位の3歳牝馬ブエナビスタに「今年のメンバーならこの馬に乗りたい」とぞっこん。自身の体験に基づく有馬コース攻略ポイントや、今年のレベルにも触れ、49年ぶりの3歳牝馬によるグランプリ戴冠を示唆した。

 調教師は競馬法29条で馬券購入が禁止され、65年のJRA通達で予想行為もできない。ただし引退すれば話は別。武邦彦氏は今年2月に70歳定年を迎えた。予想も馬券も解禁なのだが、ちょっとためらう理由がある。「豊も幸四郎も現役の騎手だからね」。息子2人が騎手ではあからさまに予想もしにくいか。予想ではなく、今年の有馬記念で名人が「乗りたい馬」に挙げたのがブエナビスタだ。過去に牝馬Vは昨年のダイワスカーレットまで4頭いるが、3歳牝馬は60年オークス馬のスターロツチ1頭だけだ。

 「今年は世界的に牝馬が活躍していて、ジャパンCでもウオッカとレッドディザイアが1、3着。3歳牝馬のレベルは高いよ。それに今年の有馬記念は例年よりもメンバーが弱い。重量は53キロだしブエナなら勝っていいと思う」。ブエナビスタは桜花賞、オークスの2冠馬。その両レースの2着がレッドディザイア。ジャパンC3着のディザイアを物差しにすれば力は十分に通用する。

 武器は鋭い末脚。中山は直線が310メートルしかない小回りでトリッキーなコース。名人は確信めいた口調で続けた。「内回りでもスタートは3角の外回りで4角までは距離がある。ブエナは乗ってみないと分からない部分はあるけど前半は後ろにいた方がいい。いい脚を長く使うし短い直線でもやれる」

 昨年のダイワスカーレットは逃げ切り戴冠。名人騎乗で有馬記念を制したトウショウボーイ(76年)もそうだった。先行馬が有利。「トウショウボーイは凄く乗りやすくてスピードの絶対値が違った。あのときと今回は顔ぶれも状況も違うからね」。今年は傑出馬不在のフルゲート16頭で流れが読みにくい。そのへんを名人はこう指摘した。「抜けた馬がいない小回り競馬は道中で流れに乱れが生じるからね。差しや追い込みが決まりやすい。それに横山君(横山典)も乗れている」

 “勝負の流れ”も重要だ。ブエナビスタに初騎乗の横山典は今年、念願のダービー制覇(ロジユニヴァース)に天皇賞・秋(カンパニー)も制し、ワールドスーパーJSでも優勝した。名人が乗りたいブエナビスタには、そんな人の勢いもある。

 ◆武 邦彦(たけ・くにひこ)1938年(昭13)生まれの71歳。北海道函館市出身(本籍は京都府)。騎手時代(57~84年)はJRA通算1163勝(当時の関西最多勝&歴代6位)をマーク。G1級制覇は72年桜花賞アチーブスター、72年ダービー・ロングエース、73年菊花賞タケホープ、74年皐月賞、菊花賞キタノカチドキ、76年有馬記念トウショウボーイなど。「名人」や「ターフの魔術師」の異名を取った。調教師時代(87年開業、09年に70歳定年引退)はJRA通算375勝。三男・武豊、四男・武幸四郎はともにJRA騎手。

 ▼中山2500メートル 外回りの3コーナーのポケット地点からスタート。すぐに右にカーブしていくため、外枠に入った先行馬は外々を回らされるケースが目立つ。1周目のスタンド前通過の際には大歓声が起こるため、ここでエキサイトして掛かり気味になるようだと最後までスタミナは持たない。コーナーは計6回で小脚を使える器用さが要求される。また、コーナーごとに息を入れやすいため先行馬に有利。(スポニチ)
スポンサーサイト

スリーロールス

競馬:秋に成長ロールス“トップガンの道”/有馬記念

 【1頭両断!!・有馬記念】“伝説の新馬戦”で4着だったスリーロールス。ただ、その後の蹄跡は上位3頭とは大きく異なる。アンライバルド、リーチザクラウン、ブエナビスタが早々と勝ち星を積み重ねてクラシック戦線に乗ったのに対し、この馬は初勝利が3戦目。2勝目をマークしたのは8戦目。しかも、500万勝ち直後には放牧に出された。

 「本当に良くなるのは秋。ここで無理をさせては成長を阻むことになってしまう。菊花賞を目標にローテーションを組んだ」と杉山助手。陣営の思惑通り、放牧から戻ってくると、弱かったトモ(後肢)に力がつき、甘かった腰もパンとした。上がり馬が菊花賞→有馬記念を連勝したのは95年マヤノトップガン、01年マンハッタンカフェ。両馬とも夏を境に急成長した。成長力という点では、スリーロールスも偉大な先輩たちに決して負けていない。

 菊花賞後も順調だ。ジャパンC出走も視野に入っていたが、よりゆったりしたローテーションとなる有馬記念を選択。順調に乗り込まれ、18日にCWコースで1週前追いを消化。6F82秒8~1F12秒4としっかり伸び、併せたメルシーエイタイム(障害オープン)に2馬身先着。前走後、初めてパートナーにまたがった主戦の浜中は「4コーナーでスッと反応した。良かったですよ。菊花賞後も馬が硬くなっていないし、乗っている分には疲れも感じません」と好感触。「もともと物おじしないし、雰囲気にのまれないタイプ。頑張りたいですね」と力が入っている。

 重賞初挑戦の菊花賞で、いきなりV。大舞台の経験が少ないのは不安材料だが、能力の底を見せていない魅力は十分。前々でレースを運べる自在性があり、初の中山も難なくこなせるはずだ。

 <腰や胸前に筋肉モリモリ>充実一途で菊花賞を制し、勢いに乗ってグランプリ制覇に挑むスリーロールスだが、永山調教厩務員は21日、「休養前と違って腰や胸前にしっかり筋肉がついている。触ればパンパンに張っているし、歩いていると(筋肉の)形が浮き上がる」と成長ぶりを語っていた。(スポニチ)

ダイナブロス

最多出走300戦あと1、13歳ダイナブロス…高知競馬

 最多出走記録の更新を続けている高知競馬(高知市)のダイナブロス(牡(おす)13歳)が、31日にも300戦を達成する。人間でいえば還暦前後で、全国の地方競馬を流れてここまで来たが、今年も1勝を挙げて通算成績は13勝に。運営する高知県競馬組合は「無事是(これ)名馬を地で行く」と大記録にあやかり、元日の来場者先着200人に、ダイナブロスのたてがみを「長寿と健康のお守り」として配る。

 ダイナブロスは1998年に新潟競馬でのデビュー後、岩手競馬などに参戦。2003年、所属先だった山形県・上山競馬が廃止となったものの、高知競馬の田中守調教師(41)に引き取られた。中央競馬の名馬・テイエムオペラオーや、負けても走り続けて高知競馬を有名にしたハルウララとは同い年になる。

 「天性の頑丈さが取りえ。見た目は5、6歳」(田中調教師)というダイナブロス。目立ったけがはなく、夏場にも大崩れしない。08年11月、地方競馬全国協会に記録が残る1969年以降で最多の267戦を達成。現在も2位の記録(268戦)を引き離す。出走回数の多い地方競馬でも、100戦までが一般的という。

 高知競馬も、県の「赤字即廃止」という方針を受け、ナイター開催など経営努力で何とか収支の均衡を保つ。

 いつも騎乗する森井美香騎手(25)は「気性はおだやかだが、精神力と負けん気の強さが元気の秘訣(ひけつ)。300戦目は勝たせてあげたい」と話す。

(2009年12月22日 読売新聞)

コスモバルク

競馬:6年連続へ! バルク追い切り終わってます/有馬記念

 史上初の6年連続有馬記念出走を目指すコスモバルク。すでに20日に門別競馬場のダートコースで6F80秒5~1F12秒9の最終追いを済ませた。

 「前走に比べ、息遣いがいい。何とかコスモバルクらしい競馬をしてほしい」と田部和師。23日に門別を出発、25日に中山競馬場に入厩する。(スポニチ)

ドリームジャーニー

競馬:ドリームジャーニー好相性の中山で本領発揮だ/有馬記念

 春のグランプリ・宝塚記念を制したドリームジャーニーは、史上4頭目の同一年グランプリ連覇がかかる。

 山下助手は「元気いっぱいで、この秋一番の出来。ウオッカ世代の代表として負けられない」と意気込む。不得手な左回りの天皇賞・秋は6着に終わったものの、相性いい中山で本領発揮を誓う。「昨年(4着)と違って今年はカイバを食べている。その分、調教で攻められる」。緩いペースにはなりそうもない顔ぶれで条件は整っている。(スポニチ)
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

えび

Author:えび
普段から競馬情報はチェックしてますが女の子と話すのは苦手です!

月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。