1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日王冠

ウオッカ始動に武「ワクワク」

 いよいよスターホースが秋初戦を迎える。今週開幕する東京のメーン・毎日王冠(G2、芝1800メートル、11日)で、G1・6勝牝馬ウオッカ(牝5、栗東・角居)が始動する。夏を順調に過ごし、状態面は良好そのもの。武豊騎手(40)も陣営も、秋初戦から多くのファンが観戦に訪れることを願っている。強い馬が見せる強い走り。今年の秋もウオッカの季節となりそうだ。

 何万回と競走馬騎乗してきた第一人者・武豊騎手をして「僕も楽しみ。ワクワクしています」と瞳を輝かさせる馬。それがウオッカだ。これまでG1・6勝。人知を超えたスーパー牝馬が、いよいよ秋初戦を迎える。「たくさんのお客さんに来てほしい」という武の言葉は、歴代でも屈指の名牝をひと目見てほしいという思いにほかならない。

 気持ちは陣営も同じだ。全休日とあって静かな朝を迎えた栗東で、角居厩舎の清山助手がつないだ。

 「あれだけのジョッキーがワクワクしながら乗ってくれる馬。ファンも、強い馬が強い競馬をすることを望んでいるだろうし、競馬ファンが継続していく力にもなると思う。気候もいいので、デートスポットとして若い世代の人にも来てもらいたいね」。

 くしくも4日には阪神競馬場JRA初の「婚カツ」(お見合いパーティー)があったばかり。“ウオッカツ”ではないが、名牝の走りを一緒に見たファンの間に恋が芽生えても決して不思議はない。牝馬として64年ぶりに制したダービーダイワスカーレットと2センチ差の激闘を演じた昨年の天皇賞(秋)。これまでも、記録だけでなく、鮮烈な記憶として残る走りを提供してきたウオッカだからこそ、武豊騎手も陣営も多くのファンが競馬場へ来ることを望む。

 もちろん、状態の良さがあってのこと。4日にはCウッドで5ハロン65秒台をマーク。しまいも馬なりのまま12秒台で伸ばした。清山助手は「ウオッカらしい走り。今年は過ごしやすい夏だったし、精神的にも落ち着いてドッシリしている」と太鼓判を押す。秋初戦とはいえ、勝つことが宿命のスターホース。「もう一段上のレベルを求められるが、期待できる状態にある。最高の状態で秋のスタートラインに立てる」。ウオッカの走りを見逃す手はない。【伊嶋健一郎】


快進撃はまだまだ続きそうですね!
スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

えび

Author:えび
普段から競馬情報はチェックしてますが女の子と話すのは苦手です!

月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。