1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブエナビスタ

ブエナ史上3頭目の偉業へ 松田博師「不安材料はない」

 フランス凱旋門賞不出走の悔しさを3冠獲得で晴らすべく、春の桜花賞オークスを連覇したブエナビスタが、3歳牝馬史上3頭目のトリプルクラウンを目指し、秋華賞に臨む。

 前哨戦のローズステークスを勝ったブロードストリートや、桜花賞オークスともに2着のレッドディザイアなどと争うが、新たな強力ライバルは見当たらない。松田博資調教師は「この馬は変わらないのが一番。不安材料は特にない」と胸を張って愛馬を送り出す。

 凱旋門賞に挑戦するプランを持って、オークス優勝後に選んだ一戦は夏の札幌記念。ここで古馬を相手に首差の2着と健闘したが、陣営は凱旋門賞出走をすぐさま取りやめることを決断した。勝てばフランス遠征、小差でも負ければ挑戦しない方針だったようだ。

 スパッと目標を切り替えての秋華賞参戦。スティルインラブ以来、6年ぶりの3歳牝馬3冠制覇という偉業達成を懸けた大仕事が待っている。

 実力が抜きんでているのは周知の事実。気になるのは路線変更による体調面への影響、そして前走後につめに不安も出たが、調教の動きを見ていると心配は杞憂に終わりそうである。

 調整ピッチが上がり、追われるたびに本来の研ぎ澄まされた体つきになってきた。「つめは大丈夫。不安材料は何もない」。仕上がりに太鼓判を押す松田博調教師の自信に揺らぎはない。3冠奪取後には、あらためて世界の舞台が見えてくる。
スポンサーサイト

コメント

Secret

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

えび

Author:えび
普段から競馬情報はチェックしてますが女の子と話すのは苦手です!

月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。