1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南部杯

【南部杯】(盛岡)エスポワールシチーがJpnI連勝

2009/10/13(火) 16:21

 曇、良馬場の盛岡競馬場で行われたダートグレード競走・第22回マイルチャンピオンシップ南部杯(Road to JBC、JpnI・1600m・1着賞金5000万円・15頭)は、先手を奪った2番人気のエスポワールシチー(佐藤哲三騎乗)が直線でも脚色衰えず、最後は後続をさらに突き放して逃げ切り、かしわ記念に続くGI(JpnI)連勝を飾った。勝ちタイムは1分35秒4で、1998年のこのレースでメイセイオペラがマークしたレコードに0秒3差の好タイムだった。

 終始2番手を進んでいた1番人気サクセスブロッケンは直線で差を広げられて4馬身差の2着、3番手にいたメイショウバトラーがそのまま2馬身半差で3着。トーセンブライトが4着、4連覇を狙ったブルーコンコルドは5着で、JRA所属馬が掲示板を独占した。5着から9馬身離れたマヨノエンゼルが6着で地方勢最先着。

 勝ったエスポワールシチーは父ゴールドアリュール、母エミネントシチー(その父ブライアンズタイム)という血統の4歳牡馬で、JRA栗東・安達昭夫調教師の管理馬。昨年は500万からダートで一気の4連勝でオープンまで上がり、明け4歳で初のGI挑戦となったフェブラリーステークスでも4着と健闘し、続くマーチステークス初重賞制覇。5月のかしわ記念では中団に控える形でカネヒキリフリオーソボンネビルレコードなどを破って初のJpnI制覇を飾り、それ以来およそ5か月ぶりの実戦となったこのレースも制してJpnI連勝を果たした。通算成績は16戦8勝、重賞は3勝目。

<レース後の関係者のコメント>
1着 エスポワールシチー
(佐藤哲三騎手
「逃げる形になったが無理して行かせたのではない。他との兼ね合いによっては2、3番手までは下げるかも、でもそれ以上退くつもりはなかった。
 乗っていて速いというか凄いっていう感じがしない馬。速いラップだそうですがそういう感じはしなかったですね。今日も遊びながら走っていて心配は心配だったのですが、このスピードなら追いつかないだろうなと。
 かしわ記念のようなレースがこの馬の脚力を一番活かせるだろうとは思うのですが、今はまだいろいろ課題がある。今のうちは気分を乗せて走るような方向性でいきたい。+14kgは太め感もあっただろうが、良い重量感だと思う。
 行くか引くか戦法を悩んでいたところもあったので、今日のような勝ち方ができれば選択肢が拡がる。ダート以外も、距離によっては合うんじゃないか。ポリトラックなんか良いと思うんですが。どんなコースでも走れる馬だと思う。いずれこれからも、いろいろな選択ができるだけの力がある馬だと思っています」

(安達昭夫調教師
JBCに向かうかもしれないが、秋の大目標はJCダートと考えているので直行もあり得る。いずれ馬の状態を見ながら」

2着 サクセスブロッケン (内田博幸騎手
「道中かかるような所がなく、ついていけなかった。久々の影響があったのかも」

5着 ブルーコンコルド (幸英明騎手
「時計が速すぎた。年齢の影響も認めざるを得ない」

(コメントは岩手競馬ウェブサイトによる)
スポンサーサイト

コメント

Secret

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

えび

Author:えび
普段から競馬情報はチェックしてますが女の子と話すのは苦手です!

月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。